Writingsコラム

成功した転職「カラーのスペシャリスト」

転職の成功事例をご紹介します。

30代後半の女性、Rさんは大学卒業後、かねてより興味を持っていた色や心理に関する研究に取り組むべく大学院に進み、色彩心理学を専攻しました。

その後、塗料などを専門とする企業のコンサルティング部門の立ち上げに参加しました。カラーの専門家としてサービスの考案に携わり、多くのクライアントを開拓し、コンサルティングを通じて実績を上げ事業の拡大に貢献しました。

当初よりRさんはデザインの観点に加え、クライアントのブランディングに寄与するカラーの提案も行っていました。感覚的な要素だけでなく、学問的な見地に立った根拠が明確なコンサルティングがクライアントから好評だったとのことでした。

その後、海外留学やデザイン事務所での経験を積んだ後、当社にお問い合わせをいただき、転職活動を進めました。現在はオフィス家具の大手メーカーにてカラーのスペシャリストとして、同社のデザイン戦略やカラー戦略の立案・実行に力を発揮しています。ご家庭の事情で時短勤務を実践されていますが、同社はオフィス関連の製品を展開していることから、働き方変革の推進を前提にクライアントに多様なワークスタイルを提案する立場として、仕事と家庭を両立させながらご活躍です。

確かなバックグラウンドに基づく論理的な提案力と、様々な経験を積んできたことが社内外で評価され、ご自身のライフスタイルを大事にしながら活躍の場を広げることができている好例です。

ページ上部へ戻る