Writingsコラム

市場や業界の「今」、そして、求められることをお知らせします。

tec

機械が仕事を奪う?!(2)

いまここにある状況を前提とすると、人工知能(AI)によって自分が従事している仕事が奪われる、機械にとって代わられるんじゃないかという危機感をもつのは自然なことです。しかし、人も仕事も変わります。また、テクノロジーは常に進

metal-segments-64362_1920

機械が仕事を奪う?!(1)

囲碁のトップ棋士がグーグルの開発した人工知能(AI)に破れたことが大きなニュースとなりました。近年、第3次のロボットブームの到来だとか、人工知能の発達が目覚ましいといったことを耳にします。それとあわせて、人工知能の水準が

record

変わりゆく消費スタイル

本コラムでは度々取り上げているテーマですが、消費者のニーズというものは日々変化しています。かつて売れていた商品がパタッと売れなくなったり、その逆があったり。また、時代遅れと思われていたものが復活し、ひそかなブームとなって

origin

モノ余りの時代に本物を知ること(2)

あらゆる商品やサービスが生まれ、消えていくのが現代です。食料品では、一次産品のもともとの姿を知らずとも消費が可能であり、衣類では、伝統ある高品質な本物でなくとも、それを身につけているような気分に浸れる安価な代替品が売られ

counter-309880

モノ余りの時代に本物を知ること(1)

多くの商品やサービスが生まれては消える現代。とりわけ先進国では供給過多と言える状況なのかもしれません。今後もまだ見ぬ画期的で斬新な製品が開発され、販売されるのだとは思いますが、現在の日本では戦後のようにモノが不足して困っ

ページ上部へ戻る