Writingsコラム

教育研修「BtoB事業におけるブランディング」

3月上旬、2日間にわたり、大手メーカーにてBtoB事業のためのブランディング研修を実施しました。

1日目は、「なぜブランドが消費者・顧客から選ばれ続けるのか」について講義を行い、ブランドへの理解を深めました。その上で、同社のBtoB事業の顧客をブランディングの観点から分析しました。

2日目は、当該製品の「ブランド・アイデンティティ(理想像)」を複数回のワークショップを通じて掘り下げていきました。

事前のヒヤリングに基づき、今回はインターナル・ブランディングの方法論を応用し、同社の現況とご意向を踏まえ2日間の講習内容をフルカスタマイズで構築しました。

研修の様子です↓

終了後に下記のご感想をいただきました。
「ブランドというふわっとした概念について、しっかり構造を理解することができました。事例を用いた説明が大変分かりやすかったです。」
「売るという行為は、ほぼブランディングだなと感じた。Salesもそうだったし、製品もそうだし、進め方もすべてブランディング。」
「具体的な内容だったので、活用できることはたくさんあります。顧客に伝えたいメッセージやコミュニケーション方法を検討する際にブランディングの視点をもって取り組みたいです。」
「私自身さらにこの製品のファンになることができましたし、参加者の一体感がすばらしく醸成されました。」

新規事業の立ち上げや既存事業の見直しによる自社のブランド価値の向上、ブランドおよびブランディングへの体系的な理解に基づく業務改善など、BtoC、BtoBを問わず、ご興味をお持ちの企業様からのお問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る