Writingsコラム

転職活動に向けて(1)

coffee

リクルーティング・エージェンシーである当社は、転職希望者のエージェントであり、同時に求人企業のエージェントでもあります。転職希望者側には「こういう会社で、こんな風に働いていきたい」という希望があり、一方、求人企業側には「こういった経験と能力を持つ、こんな人と一緒に働きたい」という意向があります。

双方のニーズを深く理解し、より良いマッチングを実現させることが当社の役割です。そのため、転職希望者の方々には、企業側の事情、つまり中途採用の目的や求められている要件を前提に、求人案件をご紹介しています。そして、転職を成就させるためのポイントや当社独自の視点もあわせ、ご希望により合致しそうな求人企業のポジションをご提案しています。

これまで多くの転職希望者の方々とご面談してきました。転職を決断した理由や背景は様々ですが、すべての方に共通して言えるのは、転職活動の期間はできるだけ短い方が良いということです。退職し、次の職場を探す間は社会的な立場や収入面で不安定になるため、その状態を長くは続けられません。また、退職せずに転職活動を行う場合も、現職の仕事の取り組み方に少なからず影響が出てきますので、なるべくスムーズに進めたいものです。

しかし実際には長くかかる方もいらっしゃいますし、比較的短い期間で満足のいく結果に繋がる方もいます。当社がサポートする転職に限らず、一般的に求職の活動期間には個人差が生じます。最近、その理由を考えていたところ、期間を左右する一因として、前職までの経験やポータブルスキルのほかに情報の捉え方や咀嚼の仕方もあるのではないかと思い至りました。

当社は妥協した曖昧な理由で一方的に転職先を推すことはありません。転職希望者の納得感が必須です。その上で過去にサポートした事例を思い返してみると、求人企業のニーズを基にご提供する様々な情報やアプローチ方法に対し、「そういうものなのですね」とまずは受け止め、柔軟な姿勢とまっさらな心持ちで準備に取り組める方が、期間を長引かせずに内定を得ている傾向にありました。(次回につづく)

ページ上部へ戻る