Writingsコラム

転職活動に向けて(2)

interior-2598110

転職活動を効率的に進めるための方法は決して難しくありません。詳しくは、以前のコラムをご覧いただければと思いますが、活動期間が無為に長引くのを避けるためにも効率性を意識することは重要で、当社が特に役立てるのもその点においてです。

例えば、ある求人案件をご紹介し、書類選考を経て面接に臨むことになった場合、「今後、この企業はBtoC製品の開発やパッケージデザインにより力を入れていくようなので、店頭で既存の製品をじっくり見ておいてください」「この会社の空間デザインの特徴や近年の傾向を把握するために、競合も含めショールームを訪れ、面接時にインテリアについて何らかの感想を言えた方が良さそうです」ということを申し上げるケースがしばしばあります。

上記は、当社が求人企業のニーズを踏まえて着目したポイントであり、転職を効率的に成就させるための方法の一部です。もちろん、その企業のウェブサイトやカタログ等に目を通すことも欠かせません。加えて、自ら足をのばして五感で捉え、自分の言葉で感想や意見を言えるようにしておくことが重要なのです。当たり前のようですが、意外とそういった地道な下調べと考察が軽視されてしまうことがあります。

転職は人と人との出会いであり、求人企業との巡り合わせもタイミングです。どんな対人関係であっても、自分に興味を持ってくれていることが分かると、さらに理解し合いたいという気持ちになり、会話がはずむと相性の良さを感じたりもします。転職においてもフィーリングが合うことは一期一会ですので大切にしたいです。

そのため、当社のサポート内容をまずは受け止めていただき、同時にご自身の考えや想いを大事にし、求人企業のニーズに留意しながら着実に準備してくださると転職活動はよりスムーズに進みます。もちろんすべての方に当てはまるわけではありませんが、長年の経験上、そのような傾向があると考えています。

当社は様々な求人案件を扱っておりますので、気負わず自然体でご自身を活かせるチャンスに巡り会いたい方はぜひご連絡ください。

ページ上部へ戻る