Writingsコラム

成功した転職「ライフステージに合わせた働き方」

転職の成功事例をご紹介します。

30代半ばの女性、Uさんは大学卒業後、自動車関連メーカーに入社し、UIデザイナーとしてキャリアをスタートしました。入社後の3年間はカーナビのデザインに携わり、目新しい表現を取り入れ、高い評価を得ました。その後、ご出産を経て、復帰後はサテライトスタジオに異動し、市場調査や異業種とのコラボレーション、同社のブランド認知を高めるためのイベント開催などに意欲的に取り組みました。

本社に戻ってからも新規事業の提案や様々なビジネス領域におけるデザインに携わっていましたが、ご家族の事情で転居することになり、また、第二子のご出産のタイミングとも重なり、一旦仕事から離れました。

子育てが落ち着き、自宅に近い場所にあるシステム会社に転職しましたが、他社への提案に留まらず、先端技術に触れながら以前のようにインハウスのデザイナーとして主体的に活躍したいという気持ちがわき、再度転職を検討され、当社にお問い合わせをいただきました。

そこで当社では、精密機器メーカーのUIデザイナーのポジションをご紹介しました。残業ができないといった時間的な制約はありましたが、自発的なデザイン提案を成果に結び付けてきた実績が評価され、選考もスムーズに進み、現在も同社でご活躍です。

ライフステージごとに個人生活が変化し、社会生活において新たな制約が生じることもあります。Uさんのケースは、自らが置かれている状況を受け入れ、本心と向き合い、主体性をもって取り組む前向きな姿勢が、希望する働き方の実現へと繋がった事例です。

ページ上部へ戻る