Writingsコラム

成功した転職「デザイナーとしての豊富な経験」

転職の成功事例をご紹介します。

30代後半の男性、Wさんは大学卒業後、電機メーカーにてプロダクトデザイナーとしてキャリアをスタートしました。同社では携帯電話の部門に所属していましたが、より幅広い製品のデザインに携わり、キャリアアップしたいとの考えから、デザイン事務所に転職しました。

そのデザイン事務所では、多様なクライアントの案件に対し、プロダクトデザインを軸にリサーチ、プランニング、商品企画、パッケージデザイン、UIデザイン、UX創出、ブランディングなど様々な領域でコンサルティングやデザイン提案に取り組みました。一連の経験を通じ、多角的な視点が培われたそうです。

その後、知人からのお誘いもあって外資系メーカーに転職し、商品企画やデザインに加えコミュニケーション戦略の策定にも携わり、さらに幅広く活躍しました。やりがいはあったものの勤務体系を変えたいというご希望から転職を検討され、当社にお問い合わせをいただきました。

そこで当社では、これまでの経験を活かすことのできる新規事業開発に取り組むポジションの求人をご紹介し、同社の面接でも高評価を得て内定が決まりました。

Wさんのケースは、バランス感覚に優れ、新しい取り組みに対しても豊富な経験と知識をベースに適切な提案ができ、入社後に高い成果が期待できることが内定の決め手となった事例です。

ページ上部へ戻る