Writingsコラム

成功した転職「チャレンジ精神と対応力」

転職の成功事例をご紹介します。

30代後半の女性、Cさんは大学卒業後、就職氷河期だったこともあり、学んだインテリアデザインのスキルを活かせるため、建築設計事務所でのアルバイトからキャリアをスタートしました。

その後、縁があって料理研究家のオリジナルキッチングッズ制作の事務所に入社し、プロダクトやグラフィックツールのデザインとディレクションに携わりました。手掛ける領域が広く、新たな経験が積めたものの、別の働き方を模索したくなり数年後に退職しました。

知人や様々な繫がりから依頼を受けフリーランスとして活動しますが、一人で取り組める規模には限界があり、再度組織で働くことを検討し、大手流通企業のプライベートブランドの雑貨デザインに携わることになりました。ところがしばらく経って組織変更により当部門がなくなり、所属をその企業の協力会社に移し、引き続き同業務に取り組みました。その後、ご結婚、ご出産、育休を経て復帰を予定していたものの、会社を取り巻く状況が大きく変わったため転職を検討され、当社にお問い合わせいただきました。

現在は勤務時間に制約はありながらも、老舗雑貨メーカーにてパッケージデザイナーとしてご活躍です。時間以外に勤務地などいくつか制約条件はありましたが、比較的スムーズに転職できた理由は、それまで様々な環境で多くの経験を積まれ、ユーザーに対するコミュニケーションのバリエーションが豊富な点が高く評価されたからです。

当初は思ってもみなかった案件や未経験の業務においても貪欲に学びながら成果を上げてきたことが、結果的に対応可能な領域を広げ、満足のいく転職に繋がりました。職場環境やライフステージが変化していくなかでも、何事もまずはやってみるという積極的な姿勢が実った転職の事例です。

ページ上部へ戻る