Writingsコラム

成功した転職「UXデザインのコンサルティング」

転職の成功事例をご紹介します。

20代後半の男性、Bさんは大学院でタンジブルを中心とするインターフェースの研究に打ち込み、複数名で取り組んだデザイン展示で高く評価され、国内外の様々な機関から依頼を受け出張展示を行う機会を得ました。

大学院の修了後は大手印刷会社に就職し、美術館などでの鑑賞をデジタル技術でサポートするコンサルティングを手掛ける部署にて、アシスタントディレクターとして経験を積みました。その後、知人から誘いがあり、適格な表現力に定評のあるUI/UXに強みを持つデザイン事務所に転職しました。

その事務所では、主にクライアント企業の新規事業開発を可視化するための映像制作や、インターフェースに関する論文のサマライズや執筆、先行開発へのアイディア検討に取り組みました。

数年が経ち、それまでの経験を活かし、さらに幅広く活躍できるポジションへの転職を検討され、当社にお越しになりました。

調度、UX開発に秀でたコンサルタンシーがBさんの希望に適うポジションを募集しており、現在も同社でUXデザインのコンサルタントとしてご活躍です。クライアントに対する柔軟で幅広い提案力、本質をとらえる審美眼が厚い信頼を得てキャリアアップを重ねています。

ページ上部へ戻る