Writingsコラム

市場や業界の「今」、そして、求められることをお知らせします。

消費者・顧客が片付けたい用事とは(2)

クリステンセン教授が述べているミルクシェイクのエピソードにおける「片付けたい用事」は何でしょうか。「運転中に長時間楽しめ、暇つぶしにもなること。小腹が空いたときに調度良い分量で満足感が得られること。手や車内が汚れるのを気

消費者・顧客が片付けたい用事とは(1)

当社の専門は、デザイン、マーケティング、そしてブランディングです。企業にとってそれらの重要性は年々増すばかりで、優秀な人材が活躍できる機会は拡大しており、社員の能力アップのニーズも高まっています。今回はデザイン、マーケテ

オーガニックなものづくり(2)

消費者ニーズの多様化が言われるようになって久しく、自社の製品を選び続けてくれるファンの獲得はどの企業にとっても重要な課題です。そのため、従来の「良いものを他社よりも安く提供する」とは一線を画した事業プランが必要になってき

オーガニックなものづくり(1)

当社が日頃、懇意にお付き合い頂いているデザイナーの方が創業したpopulomobile(ポプロモビル)という自転車ブランドの会社が鎌倉にあります。同社は「人に寄り添う乗り物が作れないだろうか」という想いのもと、大量生産、

target11

マーケティングとブランディング(4)

高岡浩三(著), フィリップ・コトラー(著)『マーケティングのすゝめ』で述べられているマーケティングの枠組みに基づきブランディングを捉え、社内外へのアプローチの方向性を定め、ロードマップを作成できたとしても、着実に実施す

arrow-2181476

マーケティングとブランディング(3)

マーケティングとは、自社が提供できる価値を認識し、「顧客」が誰かを特定し、その「顧客の問題」が何かを整理し、イノベーションあるいはリノベーションを通じて問題解決に取り組むことです。(参考文献:高岡浩三(著), フィリッ

arrows_sky

マーケティングとブランディング(2)

企業経営においてマーケティングとブランディングが重要なのは疑いようがありません。ブランドコンサルティング大手のインターブランド社が毎年発表しているランキングの上位に名を連ねる企業は、どこもマーケティングとブランディングの

arrows-1

マーケティングとブランディング(1)

当社のサービスはデザインとマーケティングに特化しております。それらと密接に結びつくものにブランディングがあります。近年、デザイナーやマーケターの人材紹介に際して、能力や経験に加え、ブランディングへの理解が重要となるケース

fl2

営業活動のエッセンス(2)

営業力のあるビジネスパーソンには気負った感じがないものです。自然体で余裕があり、「売らんかな」というようなギラギラした雰囲気は皆無です。むしろ、こちらの利になるような的確な提案をしてくれます。商談でもアクセルとブレーキの

window

営業活動のエッセンス(1)

昨今、ビジネスへの人工知能(AI)の導入やオートメーション化がますます進むということが言われています。それに伴い「機械に仕事を奪われないためには、人間に固有の能力や感性を磨くことがカギになる」といった論調を目にすることが

start

デザイナーの独立に欠かせないマネジメント能力(2)

独立・起業は経営そのものです。よって、デザイン業務以外にどんなことをしなければならないかを独立前にある程度シミュレーションすることが重要です。既に独立して働いている知人や友人がいれば、話しを聞かせてもらうと参考になること

todo

デザイナーの独立に欠かせないマネジメント能力(1)

独立して働き続けられるデザイナーは、デザイナーとして非常に優秀です。ただし、独立・起業が軌道に乗って成功できるかどうかはデザイナーとしての能力だけでなく、マネジメント能力によっても大きく左右されます。経験豊富で独立後の当

desk02

デザイナーの独立・起業に必要な能力(2)

デザイナーが独立し、安定的に利益を上げていくには、クライアント(その先にいるユーザーや消費者)本意の姿勢と高いコミュニケーション能力、論理的かつ聞き手を魅了するようなプレゼンテーション能力が欠かせません。一つ一つの仕事に

wb

デザイナーの独立・起業に必要な能力(1)

当社は人材紹介以外にも、クライアントからのご要望に基づき、プロジェクトマネジメントや教育研修のサービスをご提供しています。それらはプロジェクトベースでデザイナーの方と恊働して進めるケースが大半で、デザイナーの皆さんの多く

ipad

コンテンツの取捨選択(2)

情報過多な現代、GoogleやYahoo!など定番の検索エンジンをはじめ、コンテンツの取捨選択をサポートするサイトやアプリはいくつもありますが、それらを自分向けにカスタマイズして整理したとしても、コンテンツはまだまだ多過

less_more

コンテンツの取捨選択(1)

もはや情報過多社会と呼べるほど、世の中にはありとあらゆるコンテンツがあふれ返っています。テキスト、音声、画像や動画、ゲームと枚挙にいとまがありません。これはコンテンツを供給する側が消費者の24時間を奪い合い、過当競争を繰

presentation

ブランディングの請負人に必要な姿勢(2)

企業のブランディングを行う際には、製品やサービス単位のブランディングとは異なる視点が必要です。ブランディングを担う部署や担当者は、全社的な視点をもって自社が目指すべき姿を検討し、それを社内外に浸透させるべく施策を進める必

ブランド戦略

ブランディングの請負人に必要な姿勢(1)

ブランディングの重要性が唱えられるようになって久しいです。また、日本企業はブランディングが苦手だということもよく耳にします。企業そのもののブランディングは、二つに大別できます。一つ目は、既に確立しているブランドをより高め

record

変わりゆく消費スタイル

本コラムでは度々取り上げているテーマですが、消費者のニーズというものは日々変化しています。かつて売れていた商品がパタッと売れなくなったり、その逆があったり。また、時代遅れと思われていたものが復活し、ひそかなブームとなって

origin

モノ余りの時代に本物を知ること(2)

あらゆる商品やサービスが生まれ、消えていくのが現代です。食料品では、一次産品のもともとの姿を知らずとも消費が可能であり、衣類では、伝統ある高品質な本物でなくとも、それを身につけているような気分に浸れる安価な代替品が売られ

ページ上部へ戻る